ジャムウ石鹸 アンボーテ

デリケートゾーンが臭う原因

人間には、多くの汗腺があります。
汗には、体温調節や毛穴の汚れ解消など、さまざまな役割がありますが、臭いの原因となることは間違いありません。
特にデリケートゾーンにはアポクリン汗腺があります。アポクリン汗腺はフェロモンを出すための役割を果たしている汗腺であるといわれています。
そのため、通常よりも臭いの強い汗が分泌されます。

 

さらにデリケートゾーンは尿やおりもの、経血などさまざまなものが分泌される場所です。
これらの臭いが下着やストッキング、タイトなパンツなどに蒸れ、雑菌が繁殖してしまうことによって、臭いを発するのです。
さらには女性器は複雑な形状をしていて、汚れが溜まりやすい場所です。

 

清潔に保つために洗い流すことも必要ですが、水やぬるま湯で流すだけでは汚れは落ちません。
また、洗浄力の強い石鹸やボディーソープを使用すると常在菌が洗い流され、臭いの原因菌が繁殖しやすくなってしまうため、専用の石鹸を使用することがお勧めです。

陰部のニオイとムレの関係

女性の陰部は、複雑に入り組んだ構造をしています。
また、尿や経血、オリモノ、汗などの分泌物によって湿った状態にあります。
さらにショーツやストッキングなどを重ね履きしている人も多いでしょう。
その上、生理中にはナプキンを使用することで、通気性が悪く、一定の温度を保ちやすい状態にあります。

 

雑菌は高温多湿の環境を好んで、温度と湿度が高ければ高いほど繁殖していきます。
繁殖するにはあたっては皮脂や垢、経血など、エサとなるタンパク質が豊富にある絶好の場所だといえるのです。

 

ニオイの原因となるのは、繁殖する際に雑菌が作りだす排泄物であるガスの一種です。
つまり、ガスを発生させる雑菌の繁殖を抑えれば、陰部のニオイは緩和されるというわけです。

 

そのためには、ムレやすい環境を作りだす通気性の悪い下着の着用を避けたり、雑菌の原因となるナプキンやオリモノシートをこまめに交換することを心掛けて清潔を保つことを意識することでニオイもムレも緩和されるということです。