ジャムウ石鹸 アンボーテ

カンジタ

女子は体調不良を起こすとおりものの量が増えてしまい、陰部の腫れと痒みがひどくなるようなケースがあります。

 

婦人科に行くのは抵抗がある方は、痒みが出ても1週間ほどは陰部の痛みや痒みもなんとか市販のデリケート専用軟膏を塗って我慢をするのではないでしょうか?
しかし、市販の薬では一向に治る気配がなく・・・仕方なく産婦人科に受診するという流れが多いようです。

 

ただ、婦人科に行けは1週間の我慢は何だったの?と簡単に原因がわかります。
多くの場合痒みが強い場合はカンジダです。

 

病院で処方された塗り薬と夜に1回膣に入れる座薬のような形の薬を入れて数日でみるみる回復します。

 

カンジダは、誰もが持っている常在菌「カンジダ」が原因となって引き起る疾病で、女性の5人に1人が経験したことがあるポピュラーなものです。
疲れやストレスなどによって抵抗力が落ちた時や、生理前のホルモンバランスの変化、妊娠中、タイトな下着や通気性の悪い服装をしている際にカンジダ菌が増殖して発症のきっかけとなります。
体質によっては毎月のようにかゆみを伴うことがあります。
しかし、カンジタは特別な病気ではなく、ましては性病ではありません。

 

カンジダの主な症状は、膣やその周辺にかゆみを感じるおりものが粘度の高いもの・白みを帯びる・酒粕やカッテージチーズのような形状になる膣にヒリヒリとした刺激や熱感を感じる、外陰部に発疹や発赤ができる、排尿時に痛みを感じる、性交渉時に痛みを感じるなどの症状があります。

 

カンジダは症状を繰り返す疾病なので発症したことがある人は再発することがありますが、中には似たような症状を持つ疾病もあります。
症状が進行すると不妊症やがんへと発展するものもあるため、再発でない場合の己判断することは避けるようにしましょう。

 

病院では、カンジタのケアを 毎日デリケートゾーンのお手入れも大切ですが、疲れやストレスを溜めないことも痒みを防ぐ重要なポイントだと教わります。
陰部に汚れをためないためには、ジャムウ石鹸やアンボーテなどのフェミニーナウォッシュで洗うのが簡単なケアでしょう。
特にアンボーテのフローラルな香を陰部を洗いつつも癒される香が安心感と洗い上がりの満足感を満たしてくれるのでストレス解消にも一役買えそうです。

 

しかもアンボーテは天然成分のみでできているので、カンジタにかかっているトラブルをもった陰部にも使用できるメリットがあります。

 

性病の時こそ使いたい、アンボーテやジャムウ石鹸

性病に感染すると、デリケートゾーンのにおいがキツくなったり、オリモノの形状が変わることがよくあります。
これは原因菌の侵入によって膣内の防御ができなくなったことによって起こる症状です。

 

そんな時こそ、デリケートゾーンの清潔を保って、症状の悪化をふせぐべきなのですが、石鹸やボディーソープを使ってケアをしようとすると患部に刺激や痛みを感じることも少なくありません。

 

そもそもデリケートゾーンに対して刺激が強い石鹸やボディーソープを使用することはNGである上に、性病の時には炎症などの皮膚トラブルが起こっているので悪化させてしまうことも考えられます。

 

アンボーテやジャムウ石鹸などのデリケートゾーン専用ソープは、低刺激なのでデリケートゾーンの敏感な肌を守りながら不要な汚れやにおいを取り除いて清潔を保ちます。
また、天然由来成分のソープなので低刺激なだけでなく、新陳代謝や本来持っている力を引き出して肌の調子を整えてくれます。