ジャムウ石鹸 アンボーテ

生理中の痒み

生理中の痒みには2つのパターンがあります。
1つは生理中のナプキンで擦れてしまい、痒みが発生してしまう
2つめは生理により陰部に異常に雑菌が繁殖するため起こる痒み

 

どちらも生理中の女子を悩ます原因です。

 

1の場合肌が弱く、購入するナプキンの種類が原因で痒みがひどくなる方もいます。
対策としては肌に優しいナプキンを使用することでしょう。
また、生理期間中だけでも下着はコットンのものを使うと良いかもしれません。
化学繊維生地は、汗やムレやすいので。

 

2の痒み対策としては
ナプキンを小まめにかえるのはもちろん、ウォシュレットなども活用して出きるだけ清潔に保ち雑菌の繁殖を抑えましょう。

 

そして、何より、入浴でのデリケートゾーンケア
生理中こそ丁寧に洗いましょう。

 

しかし、デリケートゾーン専用の石鹸をもっていない方はお湯のみという方多くないですか?
お湯だけだと生理中の汚れは落ちくく、雑菌繁殖の原因になります。

 

できれば、ジャムウ石鹸やアンボーテなどのデリケートゾーンソープを使い、毛のぶぶんは泡立てたボディソープで、中はシャワーでこずらずに優しく流すように。
それでも気になるときは、市販のデリケート用の軟膏などを常備して使用することも痒みを悪化させない対策になります。

 

生理中と臭い

生理の時の独特なにおいが気になるという方、多いのではないでしょうか?
周囲にも同じようににおっていると考えると、生理がいつも以上に憂鬱になってしまいます。

 

でも、経血自体はからだから排出された直後は無臭なものであり、原因は他にあるのです。
においの原因となるのは雑菌です。

 

陰部は高温多湿で雑菌が繁殖しやすい環境にあります。
そこに経血の影響でいつも以上に湿度が高くなること、ナプキンで覆われることでムレやすい状態になることで雑菌が繁殖してにおいやすくなってしまうのです。

 

さらに女性の陰部には、アポクリン汗腺という脂肪やアンモニアなどを多く含む汗を出す汗腺が多く存在するため、より雑菌が繁殖しやすくなります。

 

また、婦人科系の病気によってにおいが強くなることもあります。
代表的なものに、クラミジアや淋病、カンジダ、細菌性膣炎、子宮内膜炎、子宮頸がんなどがあります。
におい意外に不正出血や排尿障害、腹痛などが伴う場合には注意が必要です。
安易に生理臭は当たり前と思わず、においの他にも気になる部分があれば、婦人科を受診しましょう。

 

このような症状がある場合、ほぼほぼ、触診があります。
あそこを医者と言えども見せるわけですからキレイにしておきたいですよね。

 

そんな方には、生理中のようなデリケートな状態でも使えるアンボーテはおすすめのフェミニーナウォッシュです。
トラブルをかかえて、汚れている時こそエチケットとして使用して受診したいですよね。

子宮筋腫だと生理の臭いがキツクなる理由

近年、生理がある女性のうち4人に1人が子宮筋腫や子宮頸がんなどの病気を罹患する可能性があるといわれています。

 

子宮筋腫は子宮の筋肉に発生する良質の腫瘍で、大きさが小さい場合には自覚症状がなく、気づかないことも多くあります。
筋腫ができた場所によって、その症状が異なることもあります。
一般的には、筋腫が大きくなるにしたがって、おりものの量が多くなったり臭いが気になるようになることがあります。
生理の経血におりものが混ざった場合には、特に臭いがキツクなったように感じるかもしれません。
子宮の内部が変形したことによって、子宮内膜の表面積が大きくなるため、経血の量が増えます
これによって、生理用ナプキンが蒸れやすくなり、雑菌が増えやすい環境をつくってしまって臭いがキツクなることがあります。

 

さらに経血が気になってデリケートゾーンを洗いずぎて皮膚状態を悪くすることが臭いの原因となることもあるので、洗いずぎには注意しましょう。

 

子宮内膜症だと生理の臭いがキツクなる理由

本来、子宮内腔にしか存在しない子宮内膜などの組織が子宮以外の場所にできてしまう病気を子宮内膜症といいます。
妊娠が可能である生殖年齢の女性のうち、10%が子宮内膜症を発症しているといわれ、特に妊娠経験がない場合に多くみられます。
子宮内膜症を発症すると臭いのあるおりものが分泌されることがあります。
これが臭いの原因となることがありますが、さらなる原因として、生理の時に、子宮以外のところからも経血が発生します。

 

通常の生理であれば、スムーズに経血を排出することができるのですが、子宮内膜症の場合は、経血が排出される場所がなく腹部に溜まってしまうため、炎症や癒着を引き起こしてしまいます。
これらの溜まった経血が臭いを発生させてしまうことがあります。

 

また、子宮内膜症は、通常の生理に比べると経血量が多くなってしまう傾向にあるため、下着やナプキンがムレやすく、デリケートゾーンに雑菌が繁殖しやすくなり、臭いを発しやすくなるということも考えられます。